若狭消防組合

ホーム

重要なお知らせ

  • 標準
  • 大

組織・施設


消防長のあいさつ

 みなさん、若狭消防組合のホームページにアクセスしていただき、ありがとうございます。


 日頃は、若狭消防組合の消防行政に対しまして格別な御理解と御協力をいただき、心から厚くお礼申し上げます。


 当消防組合は、昭和45年10月に発足し平成22年には、発足40周年を迎え職員一同気持ちを新たに職務に取り組んでおります。


 近年の消防を取り巻く環境は、東日本大震災などに代表される自然災害の大規模化、更には、原子力発電所の事故による放射性物質の漏えいなど予想しがたい事案も発生し、常に新たな対応が求められております。そのような状況の中、当消防組合におきましても「災害対応力の強化」を重点目標に置き、職員一丸となって努力してまいりますので、今後とも皆様の御理解と御協力をお願い申し上げます。


 最後になりましたが、このホームページにおいて、リアルタイム災害情報等、タイムリーな情報を発信することで、少しでも皆様のお役に立つことを願っております。
                    


若狭消防組合消防本部
消防長  宝 里 正 利

管内構成市町図

若狭消防組合の組織・施設

詳細については、消防年報をご覧ください。

消防車両

ポンプ自動車
消防車両中最も代表的なもので一般の火災に多く使われます。
(1分間に2,800リットル以上)
高規格救急車
普通の救急車に比べると大きめにできていて、救命士による特別な処置を行うことができます。例えば、除細動(電気ショック)、点滴などが行えます。
化学車
2,000リットルの水と500リットルの油火災などに使う薬液が積まれていてリモコン式の放水銃で放水できます。
はしご車
はしごを、約30メートルの高さまで伸ばすことができます。はしご先端が約2.5m、最大80度屈折するため、架線障害に対応しやすく、スムーズな救助活動が可能。また、伸縮水路管、はしご制振制御装置(はしごに生じた揺れを打ち消す)、リモコン式大型放水銃、リモコン式LEDライト等を装備し、迅速かつ安全な救助・消火活動が可能。
水槽付ポンプ自動車
1,500リットルの水を積んでいるポンプ車で消火栓や水そうがなくても積んでいる水で放水ができます。
救助工作車
交通事故など、いろいろな災害で救助するための、資機材が数多く積まれています。
指揮車
災害が発生した場合に、現場で指揮を取る車です。画像伝送装置等の機材を積載しています。

ページのトップへ戻る