若狭消防組合

ホーム

重要なお知らせ

  • 標準
  • 大

こんなとき、どうする?  119番のかけ方



119番通報のしくみ


若狭消防組合管内からかけられる119番通報は、小浜市大手町にある若狭消防組合消防本部情報指令課で一括して受信しています。最寄りの消防署にかかっているものではありませんので、通報する時には町名、番地、目標物等正確に伝えていただくことで、スムーズに災害に対応することができます。

119番通報のしかた
1 火事なのか、救急車が必要なのかをはっきり言ってください。
2 災害が起こっている場所を正確に、わからない場合は、近くの建物、橋、トンネル等目標となるものを言ってください。
3 何が起こったのか、状況を詳しく伝えてください。
4 119番通報をされた場合、通報された方の名前を聞きますので、はっきりとこたえてください。

携帯電話からの119番通報


携帯電話の普及に伴い、携帯電話からの119番通報が急速に増加しています。
しかし携帯電話は、今いる場所や電波の状態により管轄の違う消防署へつながったり、雑音などで聞き取りにくかったりして災害場所を特定しにくく、消防隊または救急隊の出場に時間がかかることがあります。
通報の際は災害の場所を確認し地名、目標物等正確に伝えてください。
近くに公衆電話か一般の加入電話がある場合は、発信地表示システムにより通報されている場所が特定されるため、なるべくその電話をご利用ください。

携帯電話からの119番通報
1 運転中の場合は、安全な場所に車を止めて、通話中は動き回らず二次災害に遭わないよう安全な場所を確保してから通報してください。
2 高速道路の場合は、路線名や、上り、下り等の車線を確認してから通報してください。
3 一部山間部やトンネル内では、かかりにくくなる場合がありますので、通話の出来る場所で動かずに通報してください。

救急車の適切な使用について

救急車は、けがや病気などで、緊急に病院に搬送しなければならない人のためのものです。しかし、最近、通院するために救急車を呼ぶなど、タクシー代わりと思われる救急要請もあります。これは、本当に救急車を必要とする事故が発生した場合、遠くの救急車が出動することになり、重傷者への対応の遅れにつながります。
救える命も救えなくなるかもしれません。
本当に救急車を必要としている人のために、救急車の適正利用について皆様のご協力をお願いします。
緊急性がなく自分で病院に行ける場合は、救急車以外の交通機関等を利用してください。
傷病者の様子や事故の状況などから、急いで病院へ連れて行ったほうがよいと思ったときには、迷わず119番通報をしてください。

ファックスまたはメールで救急車・消防車が呼べます!

若狭消防署では、言葉や耳が不自由な方の緊急通報手段として、ファックスまたは携帯電話やパソコンから119番通報ができます。
機器の設置および通信料は利用者負担となりますが、利用を希望される方は、市、町およびそれぞれ最寄りの消防署に申込申請書がありますので、必要事項を記入し最寄りの消防署へ提出してください。提出された申込申請書については、若狭消防組合消防本部情報指令課で厳重に保管し、目的以外には使用いたしません。

ファックスの場合

市、町の福祉担当課および最寄りの消防署に備え付けの申請書を提出すると、消防署からファックスで専用番号を連絡し通信試験を実施し、受信完了であればその時から利用開始となります。

メールの場合

市、町の福祉担当課および最寄りの消防署に備え付けの申請書を提出すると、消防署から電子メールで専用アドレスを連絡し通信試験を実施し、受信完了であればその時から利用開始となります。



ページのトップへ戻る